ダイエットの天敵「食欲」をコントロールしてダイエット成功を目指そう!

BBXのご購入はこちらから

ダイエットの天敵「食欲」をコントロールしてダイエット成功を目指そう!

ダイエットで挫折してしまう要因の一つに「食欲」に耐えられずつい間食してしまったり、食べ過ぎてしまうといった事があります。特に食べるのが大好きな人にはこの食欲が1番厄介ですよね。そんな憎き食欲を自分でコントロール出来ればどんなに良いか・・・。そう思う人は多いのではないでしょうか?ここでは、その願いを叶えるべく食欲のコントロールの仕方を紹介します。

ダイエット失敗の原因である食欲の正体は「ニセ食欲」だった!!

ついさっき食べたばかりで、別にそんなにお腹が空いているわけでもないのに何だか口が寂しくて何かを口にしてしまう・・・その原因は、不規則な生活やストレスでホルモンのバランスが乱れる事で引き起こされる「ニセ食欲」だったんです。このニセ食欲の素であるホルモン「コルチゾール」は、ストレスを受けることで分泌が増すストレスホルモンで、無理なダイエット・仕事やプライベートでのストレス・睡眠不足などによりこのコルチゾール値が高い状態が続くと、食欲増加・イライラしやすくなる・シワが増える・脂肪が体内に溜まりやすくなる等の症状を引き起こします。

今まで何をやっても中々この食欲に勝てず、誘惑に負けてドカ食いやダラダラ食いしてしまった人。まさにこのコルチゾールによる不のスパイラルにハマってしまっていたんですね。食欲をコントロールするのは実は難しいようで案外簡単なんです。このコルチゾールの過剰な分泌を抑えることで、無理なく食欲を抑制し、脂質の溜まりにくい体質へと改善させることが出来ます。

ニセ食欲の素であるホルモン「コルチゾール」

ニセ食欲の素であるホルモン「コルチゾール」は、通常さまざまな代謝、免疫機構などに大きく関与しており、生命維持に欠かせないホルモンといわれています。その他にも、コルチゾールは成長ホルモンやテストステロンのような、筋肉量を増やしたり脂肪の燃焼を促進する等、カラダに良い影響を与えてくれるホルモンの分泌までをも阻害します。それらホルモンの分泌が低下することによって代謝が悪くなり、脂肪が付きやすくなり、ダイエットの成功しにくい体質へと変わってしまいます。

食欲をコントロールする方法

ニセ食欲をコントロールするには、ホルモンのバランスを正しく整えれば良いのですが、具体的には「食べ順」を変え、簡単な運動をすることです。この2つを毎日続けるとニセ食欲がなくなって食べ過ぎてしまう事もなくなります。では、それぞれ詳しく観ていきましょう。

食べ順で食欲コントロール

まずはガムやするめといった、よく噛むものを食べます。これにより満腹中枢が刺激され空腹感をやわらげます。そしてみそ汁やスープなどの汁物でお腹をふくらませ、ドカ食いを防ぐことで脂肪の溜め込みホルモンが出にくくなります。油を使わないトマトスープやみそ汁等の低カロリースープが最適です。ダイエットのためにはコーンスープなどの高カロリーなものは避けましょう。次にかさのある食べ物でさらに脂肪の溜め込みホルモンを抑えます。例えば、こんにゃくやキノコ、もやしが良いですね。こちらも先ほどのスープ同様高カロリードレッシングやマヨネーズは避けた方が良いです。また、キノコの様な油を吸ってしまう食材を食べる場合は、油をあまり使わないお浸し等の調理法が良いです。

汁物やかさのあるものである程度お腹を満たした後、今度は歯ごたえのある食べ物で物足りなさを無くます。噛みごたえのある、食物繊維が豊富なきんぴら、ひじきや根菜といった野菜や海藻がおすすめです。そして、GI値の低いメイン料理を食べます。GI値の低いものを先に食べると、脂肪溜め込みホルモンが抑えられるのです。最後にGI値の高い白米等の食べ物を食べると、満腹感UPホルモンが正しく働きニセ食欲が起こりにくくなります。

GI値とは?

GI値とは血糖値の上昇率のことを言います。血糖値が急激に上がると、脂肪を蓄えやすく食欲が増進されてしまいます。その為、ダイエットにおいてGI値の低いものからメインに食べるのがとっても効果的なんです。GI値の低い食べ物は、卵・魚介類・赤身の肉・葉もの・野菜・きのこなどで、全粒粉を使ったパン・パスタ・玄米・乳性品・果物であればキウイがおすすめです。GI値の高い食べ物は、油ものや砂糖を使ったもの・赤身以外の肉・白米・食パン・うどん・ラーメンなどで、野菜はじゃがいもなどの芋類などが高いです。

簡単な運動で食欲コントロール

簡単な運動といっても色々ありますが、中でもオススメは「つま先立ち」と「リズム運動」です。つま先立ちは、脂肪燃焼ホルモンをアップさせ、リズム運動は食べすぎ防止ホルモンをアップさせます。

つま先立ち運動のやり方

まずは、肩幅に脚を開き、背筋を伸ばしたまま、つま先立ちをします。つま先立ちは脚の筋肉を緊張させ、脂肪燃焼ホルモンを分泌します。しばらくキープした後、つま先立ちのまま片方の脚をななめ前に踏み出しクロスさせます。このとき、バランスをくずさないようにし、そこから反対側の脚も同様にクロスさせます。ここまでの流れを繰り返し5分程度繰り返すのを一定のリズムを取りながら2セット行います。音楽を掛けながらやると楽しくていいですね。

リズム運動のやり方

まずは脚を肩幅に開き、腕は左右ともにひじを曲げた状態で上へ持って行きます。このとき、目線はまっすぐで背筋を伸ばすのがポイントです。次にウエストをひねりながら、左ひじと右ひざをくっつけます。左右交互に行い、1、2……と一定のリズムをつけると、食べすぎ防止になります。今度は座って左ひざを立てます。背筋を伸ばしたまま、上体を左にひねって10~20秒キープします。反対も同様に行うことで、背筋の血行が促進され、脂肪燃焼効果がアップされます。次に上体をそらし、痛みを感じる手前で止めて約10~20秒キープします。体が温まり、こちらも脂肪燃焼力が高まります。 最後にあおむけのまま片脚を曲げて左右約10~20秒ずつキープします。腰が悪い人は座った状態からでも大丈夫です。これで脂肪燃焼をアップし食べ過ぎを防いで足痩せにもなります。

さらに効果的なちょっとしたひと工夫

ダイエットにおいて、ニセ食欲にやられることなく食欲をコントロールして成功するためにあげた方法にさらにひと工夫する事で効果アップが期待できます。とにかく食事は時間を掛けて良く噛んで食べ満腹感をアップさせるのが良い為、友達や家族などと楽しくおしゃべりしながらご飯を食べて食べすぎ防止や、ひと口ごとに水分を摂り、食べる時間をかせぎつつドカ食い防止、きき手と逆の手で食べて、食べるペースを遅くするなどが良いでしょう。また、ストレスによりニセ食欲が出てしまうので、好きなことに熱中してストレス発散も良いですね。後は42度くらいのシャワーを浴びると、脂肪燃焼ホルモンが出て食欲が落ちるのでおすすめです。

ダイエットサプリメントの利用もおすすめ

自分であれこれと工夫して取り入れながらやるのも勿論いいですが、ダイエットサプリメント等を効率よく使用するのもおすすめです。中でも、今回ご紹介した「ニセ食欲=コルチゾール」の働きを抑制し、全身の脂肪燃焼効果を高めてくれるダイエットサプリメント「BBX」は、多くの医院やクリニックでも取り扱われている高い効果と安全性が保障されたダイエットサプリメントです。BBXの効果はそれだけでなく、食事の摂取カロリーを半分にカットしてくれ溜まった体内の毒素を体外に排出してくれます。また、筋肉量を安定化し健康的に引き締まったボディーを作ってくれます。勿論、人によって効果の出方や合う合わないはありますが、こういったものも使い軽い運動なども取り入れバランスの良い食事で美しく痩せられたらいいのではないかと思います。

BBXの詳細については「BBXとは」をご覧ください。

薬を使ったダイエット関連記事はこちらから

【業界最安値】BBXラインナップ・製品のご案内

クリニックでも処方される超人気ダイエットサプリBBXを業界最安値で購入するならコチラへ!

BBX粒購入