「キトサン」のダイエット効果に注目してみた!

BBXのご購入はこちらから

「キトサン」のダイエット効果に再注目!

キトサンという成分はダイエットにとても良い効果があるという事はもう結構知られています。キトサンと聞くとエビやカニなどの甲殻類を思い浮かべる人は多いと思いますが、キトサンには他にも種類があってそれによってダイエット効果なども少し異なるという事をご存知ですか?今回はそういったことから「キトサン」に再注目してみました!

「キトサンの種類とダイエット効果」

まず、キトサンには一体どんな種類があるのか?についてお話します。キトサンの種類には、まずエビやカニなどの甲殻類から摂れる「カニキトサン」そして、きのこ類から摂れる「キノコキトサン」更にイカから摂れる「イカキトサン」があります。

【カニキトサン】

よく製品中に「キトサン(chitosan)」等と記載されているものの多くは、エビやカニなどの甲殻類から摂れるカニキトサンです。このカニキトサンは水に溶けない不溶性の動物性食物繊維で体内の脂肪分の体外への排泄を促進する効果があり、これにより体内への脂肪吸収が抑制され中性脂肪やコレステロールの改善と本来の食物繊維の主な効果であるお通じの改善といったダイエット効果があります。

【キノコキトサン】

キノコキトサンはキノコ類から摂れる植物性の複合食物繊維でカニキトサンやイカキトサンにはない「βーグルカン(ベータグルカン)」という成分が含まれていて、このβーグルカンには食物中の脂肪分を吸着し、体内の脂肪細胞を活性化して脂肪の燃焼を促進する効果があります。その為キノコキトサンにはβーグルカンの脂肪燃焼効果に加えカニキトサンの脂肪吸収抑制効果というダブルの効果があります。

さらにキノコキトサンは水だけでなく胃酸にも溶けず、体内で膨張して摂った油分を吸着して包み込み体外に排出するという特徴もあり体外への脂肪排出効果も期待できます。

【イカキトサン】

イカキトサンはイカの中骨にあるキトサンで、カニキトサンやキノコキトサンよりも繊維質が強く人体との相性が良いといわれています。イカ1パイに極わずかしか摂れない為とても貴重で珍しくその特徴から医療用の縫い糸などに用いられることが多いそうです。

「キトサンをダイエットで摂り入れるなら「キノコキトサン」が良い!」

キトサンをダイエットで摂り入れるならキトサンの中でも最もダイエット効果が高く、食事からでも簡単に取り入れられるキノコキトサンがおすすめです。もし食事から摂取するのであれば調理の際キノコは水洗いせず軽く火を通す程度がいいですよ。また、脂っこい食事を食べる際に一緒にキノコ料理を食べるのもいいですね。

「キトサンには注意点あり」

キトサンは不溶性の食物繊維なので、普通の食物繊維以上にお腹を緩めやすいです。過剰摂取するとお腹を下したり、逆に便秘になることもあります。キトサンの1日の摂取量は2g~5gまでとされており、キノコであれば半パックから1パックの量が1日の目安量とされていますので過剰摂取にならないように注意しましょう。

また、甲殻類やイカのキトサンの場合アレルギーにも注意が必要です。甲殻類やイカにアレルギーがある人は必ずキノコキトサンを選ぶようにし、キトサン摂取後に体に何かしらの異変を感じた場合にはただちに医師の診察を受けてください。

更にキトサンは薬との飲み合わせにも気を付けなければなりません。特に抗てんかん薬や血液が固まるのを防ぐ薬を服用している場合にはキトサンは摂取できません。もしキトサンを摂取していて何かの薬を服用しなければならなくなった場合や、すでに何かの薬を常用している場合には医師・薬剤師に必ず相談しましょう。

【業界最安値】BBXラインナップ・製品のご案内

クリニックでも処方される超人気ダイエットサプリBBXを業界最安値で購入するならコチラへ!

BBX粒購入