ホルモンバランスを整えると良い事沢山!ダイエットにも関係あり☆

BBXのご購入はこちらから

ホルモンバランスを整えると良い事沢山!ダイエットにも関係あり☆

女性に毎月訪れるちょっと憂鬱な生理やそれ伴う様々な心身の不快症状は全て女性ホルモンによるものです。この女性ホルモンはとても繊細でちょっとした変化ですぐにバランスを崩してしまいます。しかし、このホルモンバランスを上手く利用する事で、女性にとってとてもうれしい効果をもたらしてくれるのです!

生理周期とダイエット

生理周期には卵胞期、排卵期、黄体期、月経という4段階の周期があります。排卵後からエストロゲンの分泌量は減るようになり、プロゲステロンの分泌量が多くなっていきます。すると、プロゲステロンは水分を保持する働きがあることから、むくみが生じてしまうのです。

卵胞期の初期の頃はエストロゲンの分泌が増える頃で、気持ちが比較的安定している時期と言われ、肌、髪の毛にもツヤ、潤いを与えてくれるなど、美容にも効果的な時期なんです。ダイエットやエクササイズなどを行うには、この時期がとても有効的です。

生理前には、セロトニンという脳内物質が不足していることから気持ちが不安定になりがちと言われています。またエストロゲンが多く分泌されていることから、水分をどんどん溜めこみ、むくみが生じやすくなってしまいます。

さらに、精神を安定させる機能もバランスを失っている為、どんどん甘い物を食べようという気持ちも生まれます。これは、甘いものを食べることで一時的にセロトニンが増えると為、カラダがその様に反応するために起こると言われたいます。運動という方法でもセロトニンを増やす事が出来ますので、ここは甘いものはほどほどに運動によって上手くバランスを保つようにしましょう。

食べ物が身体のホルモンバランスに影響を与える

タンパク質(肉・卵・魚・大豆・ナッツ類・シード類・ヨーグルトなど)、ヘルシーな脂分(アボカド・ココナッツオイル・オリーブオイル)、繊維(野菜・ナッツ・一部の果物・オーツ麦・ブラン)などは、身体にとって必要な食材です。

ここで注意したいのは、ダイエットをする上で、脂肪分や砂糖類を完全に禁止しないこと。

ホルモンバランスを利用したダイエットのすすめ

ホルモンバランスを整えながらダイエットをするためには、食事はなるべく3~4時間おきに少しずつ食べるようにしましょう。空腹時を作らないことでインシュリンの濃度の上昇を抑えられます。

また、朝食を8:30以前に食べる様にしましょう。その為、夕食の量は少な目に。

質の良い睡眠を摂るため、そしてホルモンの働きを助けるために防腐剤などがなるべく含まれない食事を摂るように心がけましょう。ジャンクフードも食べて構いませんが程々に!

野菜はたっぷり摂りましょう。野菜に含まれる食物繊維はホルモンの救世主です♪インシュリンの濃度や血糖値の幅を少なくすると言われており、老化から守ってくれることも期待できるんです。

ケーキやビスケットなど、砂糖がたくさん含まれているものはなるべく控えましょう。小腹が空いた時には野菜や全粒粉のパンやナッツ類を選んでみましょう♩1週間に1回は、チーズや肉、乳製品をとるようにしましょう。タンパク質は筋肉を作ってくれますし、若々しくいるためには欠かせません♡ 1日1杯、カフェインを含むコーヒーなどを飲んでみましょう。コーヒーが苦手な方はお茶でもOKです♩

外食時に気を付ける事

ご自宅での食事で気を付けること以外に、外出先での食事にも注意が必要です。

外出先でも自宅にいるのと同じように、なるべく空腹の時間を作らないようにしましょう。外食では、少々辛いかもしれませんが、パン類やデザート、砂糖の入った炭酸飲料、アルコールなどの注文は控えましょう。

もし、外食で和食を食べるなら、みそ汁、寿司、刺身、魚の照り焼き、お新香、焼き鳥、巻き寿司、湯豆腐、しゃぶしゃぶ(野菜、肉、魚)などはとても良いです。逆に、てんぷら、とんかつ、揚げ豆腐といった油を多く使っているものは避けるようにしましょう。

イタリアンであれば、ミネストローネ、シーフードスープ、マリナーラソース(トマトソース、ニンニク、オレガノ)のパスタ、スティックパン(何もつけない)、子牛のピカタ、シーフード料理(揚げ物以外)、蒸した野菜等がオススメです。イタリアンは、フォカッチャ、フェットチーネ(特にバターを使ったソースのものなど)、ミートソース、ラザーニャ、カネローニ、デザートはバターやチーズ、砂糖がたっぷり使われているので食べ過ぎないように気を付けましょう。

サプリメントを上手く利用するのもGOOD♪

ビタミンやミネラルのサプリメントは、崩れてしまった食習慣を修正してくれるアイテムです。使用方法、容量を守って使うことにより、ホルモンバランスを強化することができ、身体を健康に保つことを助けてくれると言われています。ただし、どれを選んでも良いというわけではなく、きちんと信頼できる商品・メーカーのものを選んでください

その他にもビタミンE・ビタミンC・ビタミンE・葉酸・ビタミンB6・カルシウム・マグネシウムなどは女性に率先して摂って頂きたい栄養です。

そもそも女性ホルモンの分泌を促すことは難しく、食事からホルモン摂取するのは不可能です。しかし、大豆製品やサプリメントに含まれているイソフラボンが女性ホルモンの一つであるエストロゲンと働きが似ているため、ホルモンバランスを整えることができるのです。

イソフラボンを過剰摂取し続けると再び女性ホルモンのバランスが崩れ、肌荒れや生理不順など様々な悪影響を及ぼしてしまいます。もしサプリメントを摂取する場合は適量を守るようにしてください

ホルモンバランスを整えながら食事に気を遣い健康的な生活習慣を送る事でホルモンの乱れによる様々な辛い症状も緩和され、効率的にダイエットが出来ます。ホルモンについて良く知り、上手く付き合う事で女性にとって大きな味方となってくれるのですね。

女性ホルモンのバランスを整えてくれるものとして低用量ピルを利用するのもいいでしょう。特に生理不順の人は生理の時期を利用したダイエットがこれによってきちんと出来るのでオススメです。

是非ダイエットをする際には、ホルモンバランスを意識してやってみて下さい。

【業界最安値】BBXラインナップ・製品のご案内

クリニックでも処方される超人気ダイエットサプリBBXを業界最安値で購入するならコチラへ!

BBX粒購入