寝てる間にダイエット出来るって本当?

BBXのご購入はこちらから

睡眠とダイエットの関係ご存知ですか?

「寝てる間にダイエット出来る」なんて話を聞いて、「ただ寝れば痩せられる」とか「寝たら寝ただけ痩せられる」なんて勘違いしている人もいるのではないでしょうか?

確かに睡眠にはダイエットと深い関わりがありますが、ただ寝ればいいというものではありません。ダイエットに効果的な睡眠で上手に痩せましょう。

あなたの睡眠はデブ睡眠!?痩せ睡眠!?

普段の値方次第で「太りやすく」も「痩せやすく」もなります!

ダイエット中、食欲に負けてつい食べてしまい失敗してしまうという人。もしかしたら睡眠が原因かもしれませんよ!!

よく、「寝ている間は身体が動かないからエネルギーがあまり消費されず逆に蓄えられる」なんて聞きますよね。でも「寝ている間は意外にもエネルギーを使っている」とも聞いた事はありませんか?

一見とても矛盾しているように見えるのですが、実はどちらも間違いではありません。

これには「睡眠時間」と「睡眠の質」が大きく関係しています。

睡眠がもたらすダイエット効果

睡眠時間が短く、質の悪い睡眠は、食事などから摂取された物質をエネルギーに変える「代謝」を悪くし、肥満のリスクを上げてしまいます。

逆に質の良い睡眠をしっかり摂ると代謝を良くし、エネルギーが効率的に消費すされ肥満を防止できるというワケなのです。

そして、更にダイエットに効果的な睡眠を摂るのであれば、寝る際に部屋を肌寒くすると身体が熱を発生させて体温を保とうとしてエネルギーが消費され、よりダイエットに効果的な睡眠を摂ることが出来ます。

あるところの実験データによると、室温24度で寝た人と室温19度で寝た人とを比べたところ、室温19度で寝た人の方が消費カロリーが平均約7%多くなったという結果だったそうです。

しかし、ここで一つ気を付けてほしいのは、部屋の温度を寒くしすぎてしまうと逆に睡眠の質を悪くしてしまうので、程よく行うようにして下さい。

質の良い睡眠と悪い睡眠とは

睡眠には、浅い眠りの「レム睡眠」と深い眠りの「ノンレム睡眠」があります。そして更に、ノンレム睡眠には4段階の深さがあり、この3段階・4段階の状態は物音がしても名前を呼ばれてもそう簡単には目覚めない程深い眠りで、この状態を「質の良い睡眠」といいます。

質の良い睡眠が摂れていると、朝目覚めた時に心身の疲労が回復し、すっきりと爽快感を感じられます。逆に朝起きるとダルイ、たくさん寝たはずなのにあまり寝た気がしないといった状態は睡眠の質が悪いという事になります。

睡眠の質は睡眠不足やカフェインの撮り過ぎ、夜遅くの食事や激し過ぎる運動などによって下げられてしまいます。

また、質の良い睡眠を摂る為には毎日1日3食の規則正しい食事がとても重要です!

特に朝食は、覚醒レベルを上げる上で欠かすことができません。朝食をきちんと摂ることで脳と身体の活動性が高まり質の良い睡眠を作るのです。

食欲ホルモンが寝ている間にダイエットに影響を及ぼす

睡眠時間は「肥満」と関係があります。実は、睡眠時間は長くても短くても肥満になるのです。

アメリカで、30~60歳の1400人を調査した結果によると、睡眠時間7.7時間の人が最も肥満度が低く、それよりも長い人・短い人共に肥満度が高くなっており、特に6時間が最も肥満度が高かったそうです。

また、起床直後の血液検査では、食欲抑制ホルモンと食欲亢進ホルモンが睡眠時間が短いほど食欲抑制ホルモン分泌量が少なく、食欲亢進ホルモンは逆に多いという結果が出ており、 睡眠時間が短い人は、食欲の抑制が利き辛く、食欲が高まってしまう傾向にあるという事が判明しています。

ダイエットの天敵「食欲」を「睡眠」で撃破!

食欲はダイエットの天敵!これに何度もやられダイエットにことごとく失敗してしまったという人は少なくないと思います。

しかし、その憎き食欲はあなたの睡眠によって自ら作り出されたものかもしれません。今日から1日3食の食事と質の良い「痩せる睡眠」で寝ている間に代謝を上げて効率的にダイエットしてみては如何でしょうか?

【業界最安値】BBXラインナップ・製品のご案内

クリニックでも処方される超人気ダイエットサプリBBXを業界最安値で購入するならコチラへ!

BBX粒購入